TOP特集地産地消2020年5月上旬から販売開始!『僕らの酒2019BY』
2020.04.18
Tag   |   

2020年5月上旬から販売開始!『僕らの酒2019BY』

地産地消
みなさま、お待たせいたしました!
「僕らの酒2019BY」のご注文受付がはじまりました。
今年も生産量は少なく、
酒屋さんでの販売分を含めて4合瓶は400本、
あとは大磯の井上蒲鉾店にて販売される小瓶(300ml)となります


どうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の「僕らの酒2019BY」も精米歩合90%、
「もしかして過去最高じゃない?」と大評判だった昨年のボクサケと同じ十水仕込み。
十水仕込みとは、十石(150kg)の米に対して
十石(180L)の水、という割合で仕込んだお酒のこと。
一般的には米1石:水1.2石の「十二水仕込み」が主流ですが、
それよりも水が少ない分、米の香りと旨味をたっぷり楽しむことができます。

醸造元は銘酒「天青」や湘南ビールで知られる茅ヶ崎の熊澤酒造。
このお酒には、酒造の敷地内にある防空壕から採取した天然酵母《BK-5》が使われており、
大磯の自然栽培米と茅ヶ崎の天然酵母という地産地消コラボ酒でもあります。

ボクサケは火入れのみ、4合瓶(720ml)。販売価格は2300円(税別)です。

なお、大磯駅前「地場屋ほっこり」、国道沿いの「井上蒲鉾店」、
ミナト近くの「芦川酒店」のほか、大磯町内の酒販店でも2300円(税別)にて販売予定です。

*2019年度および2020年度の大磯農園メンバーは、会員価格にてご購入いただけます。
購入時に「会員」をお選びください。

*酒販店・飲食店の方には、卸し価格をご案内いたします。

ページトップ